礼で始まり礼で終わる日本文化の教育

日本の文化には、武道精神という物があります。
礼で始まり礼で終わるという言葉は、人に対してまたは物事に対して常に礼儀をわきまえさらに礼をして感謝の意を示します。
日本の文化であるこの武道精神は、心を強くするだけでなく人に対しての気持ちなどを汲むこと、すなわち学びです。
この武道精神から学ぶことが、人としての教育になり成長につながります。
今、この礼を尽くすという言葉が日本人にとってかけてきているのも確かでしょう。
年配の方のすぐ切れるという言葉も一時期社会の問題にもなりました。
物事に対して耐える事もできない、自分が正しいと常に日々おもいこんでしまっているからです。
そうではなく、物事を冷静に見ることで自分がどのようにしているのか、振る舞いをしているのかを感じる事で学ぶことができます。
直ぐに切れるのではなく、礼を尽くすことが教育の1つになります。
老若男女問わず、この礼で始まり礼で終わるという言葉を、多くの人が胸に抱けば素晴らし人となるでしょう。